ママ・パパの笑顔が一番好き

指導歴18年の学習塾講師が37歳で高齢出産☆笑顔溢れる家庭こそ最高の教育環境という信念のもと「笑顔の子育て」を実践中!

Amazonプライムの30日無料体験に登録されてしまった方!要注意!!Amazonが説明する解約方法と実際の解約方法が違う?知らない間に3,900円だまし取られない方法

f:id:yuimama0203:20180324195712j:plain

ネット通販の進化で本当に便利になりましたね。特に娘が生まれてからというもの、おむつやミルクをはじめ、ネット通販を利用する機会がぐんと増えました。

私が利用しているのはAmazonですが、Amazonで一番やっかいなのが「Amazonプライム」への入会です。あの手この手を使ってなんとかAmazonプライムに入会させるように誘導してきます。そして、入会する気がなくても間違えて1回クリックしようものならAmazonプライムの30日無料体験に入会させられてしまいます。

先日、私もAmazonユーザーにも関わらず、うっかり罠に引っかかってしまい…Amazonプライムの無料体験に登録されてしまったのですが、そこでAmazonプライムのあくどい解約方法に気づいてしまいました!!こりゃひどい!と思ったので共有したいと思います。

スポンサーリンク  

 

Amazonプライムへの入会誘導

Amazonプライムに入会したくないなら、入会手続きしなきゃいいじゃん」と思いますが、Amazonは商品を買う流れで、自然と勝手にAmazonプライムの無料体験に登録させられるようにシステムが組まれています。「Amazonプライムに登録しますか?」なんて確認してくれません。「購入をクリック=Amazonプライムに登録」という具合に勝手に入会させられてしまいます。

しかし、このまま購入者の意思確認なしに契約を進めてしまっては法律に抵触しますから、Amazonプライム登録後に「Amazonプライム無料体験へようこそ」というメールが届きます。そこにはAmazonプライムのメリットが長々と書かれており、一番最後にこんな文章が書かれています。

f:id:yuimama0203:20180324180440p:plain


無料体験期間が過ぎると、解約手続きをしない限り、自動的に有料会員になり年会費3,900円が請求されるということです。こういう「解約しないと継続の意思があるとみなしますよ」というやり方は、携帯電話の契約の時とか、セット割引が付くような大きな買い物をするとよくあるパターンですよね。しかし、Amazonプライムのあくどさはここからです!

 

メールにあるように解約手続きをしようとすると…

「これは忘れないうちに解約手続きをしよう」と思った私は、メールに書いてあった通り『アカウントサービスから「自動更新しない」のボタンをクリックして設定を変更する』ことにしました。

しかし、Amazonのサイトのどこにも「自動更新しない」のボタンがないのです!!

ここから入って…

f:id:yuimama0203:20180324181202p:plain

 

こうなってて…

f:id:yuimama0203:20180324181253p:plain

 

このページに来るのですが、「自動更新しない」のボタンはありません。これは解約手続きをした後のスクリーンショットなのですが(先にスクショ撮ればよかった…)、解約手続きを行うには右下に表示される「会員資格を終了する」をクリックして手続きを進めなせればならないのです。

f:id:yuimama0203:20180324181326p:plain

 

次にこのページが出てくれば正解です!

f:id:yuimama0203:20180324181607p:plain

勝手にAmazonプライムの無料体験に登録させておいて、契約者に正しい解約手続き方法を知らせない。まったくあくどいやり方です。親会社のアメリカではこんなもんなんでしょうか?auスマホ替えた時、割引のために1ヶ月だけ契約したサービスの解約方法をわざわざ紙で渡されたのと比較すると、なんだかモヤモヤしてしまいます…

スポンサーリンク  

 

無料体験期間が過ぎてしまった!!でも大丈夫!

すでに無料体験期間を終了しているという方もご安心ください。無料体験期間が終了し、年会費が引き落とされた後でも、Amazonプライムのサービスを利用していなければ解約手続きを行うことで返金されます。お心当たりのある方はすぐに確認してみてくださいね。

 

あくどい!と思ったけど…実は…?

いろいろ調べてみると、どうやらサイトの仕様が変わった模様…自動送信される登録完了メールの文面と実際のサイトでの手続き手順が合っていないようです。まぁ、どちらにしてもダメですよね。いつ修正されるのか、そもそも修正する気があるのかは不明ですが、きちんとしたアナウンスになることを願います。

 

契約内容はきちんと確認しよう!

今回のAmazonに限らず、購入や手続きをネット上で行う機会がこれからますます増えていくでしょうし、支払いもクレジット決済などを利用していると、知らず知らず料金が発生してしまっているという事態になっているかもしれません。

なんだか、ドラゴン桜「社会のルールってやつは、すべて頭のいいやつが作っている。つまり頭のいいやつの都合のいいように作られているってことだ。…馬鹿は騙されて損して負け続ける。損して負けたくなかったら、勉強しろ!」を思い出しました。日々学んでいくことって、やっぱり大切なんだなぁ…と思った出来事でした。

Amazonプライムに登録されてしまった!!」という方のお役に立てば嬉しいです☆

☆いつもありがとうございます!クリックで応援いただけると嬉しいです☆
follow us in feedly    にほんブログ村 子育てブログへ

スポンサーリンク

   
アクセスカウンター