ママ・パパの笑顔が一番好き

指導歴18年の学習塾講師が37歳で高齢出産☆笑顔溢れる家庭こそ最高の教育環境という信念のもと「笑顔の子育て」を実践中!

子連れディズニーに朗報!!マーメイドラグーンに待望のベビーケアセンターが2019年8月20日にオープンしました!

小さいお子さんと一緒にディズニーシーに遊びに行くとき、頼りになるのがベビーセンター。授乳室、おむつ交換台、食事スペースが完備されているだけでなく、粉ミルクや離乳食、おむつなどもその場で購入することができます。万が一、「おむつがない!」「離乳食が足りない!」など困った状況になってしまっても、ママ・パパを万全サポートするサービスが整っています。

さて、これまでディズニーシーにはメディテレーニアンハーバーのベビーセンターとタワー・オブ・テラー左横の授乳室の2ヵ所しか乳幼児施設がありませんでしたが、2019年8月20日に3ヵ所目となるベビーケアセンターがマーメイドラグーンにオープンしました!

マーメイドラグーンは、ディズニーシーで唯一の室内エリアであり、子ども向けのアトラクションが多くありますから、たくさんの子連れ家族が訪れるエリアです。ここにベビーケアセンターができたのは本当にありがたいです。

スポンサーリンク  

 

…ということで、早速行ってきました!

入口



新たにオープンしたベビーケアセンターは、マーメイドラグーンの出口を出てすぐ右手側にあります。ここのベビーケアセンターには授乳室とおむつ交換スペースがあります。

入口の看板

 

授乳室には個室の授乳スペースが10部屋あります。中にはソファーがあり、緊急事態が発生したときに助けを呼べるSOSボタンも設置されています。しかし、粉ミルク用のお湯などの設備はここにはありません。ミルク育児をしているママは、お湯を持参するかメディテレーニアンハーバーのベビーセンターまで戻ってミルクをあげるか…ちょっと不便ですね。

授乳室

 

おむつ交換スペースには、おむつ交換台が12台と子どもが立ったまま着替えられる台が1台設置されています。おむつ専用のごみ箱もあるので、おむつを持ち歩かなくていいのがありがたいです。(保育園で使用済みおむつをいつも持って帰っているので本当にありがたい!)

おむつ交換台

洗面台

 

オムツやおしりふきなどのグッズは、マーメイドラグーン内のショップ『キス・デ・ガール・ファッション』で購入することができます。すぐ近くのショップではありますが、必要なものを購入してからベビーケアセンターに行くと手間が省けていいですね。

スポンサーリンク  

 

これまでマーメイドラグーンで遊んでいるときに娘のオムツを交換するときには、普通のレストルームに設置しているオムツ交換台や多機能レストルームの多目的シートを利用していましたが、数が少ないので並んで待たないとならなかったり、使い勝手が悪いところもありました。しかし、これからはリトルマーメイドの海底の世界をイメージした落ち着いた空間の中でゆったりとオムツ交換をしたり、授乳したり(私はもうないですが…)することができますよ。

子連れファミリーにとってさらに遊びやすくなったマーメイドラグーンで、ぜひたくさん遊んでください。


☆いつもありがとうございます!クリックで応援いただけると嬉しいです☆
follow us in feedly    にほんブログ村 子育てブログへ

スポンサーリンク

   
アクセスカウンター