ママ・パパの笑顔が一番好き

指導歴18年の学習塾講師が37歳で高齢出産☆笑顔溢れる家庭こそ最高の教育環境という信念のもと「笑顔の子育て」を実践中!

JASRACで著作権使用料申請する方法!結婚式ムービーを自分で作るときに必要です!

こんにちは!ゆい☆ママです。
ご覧いただきありがとうございます。

さて、結婚式ムービーを作る前に確認したい4つのこと!の中で、JASRACへの著作権使用料申請がそれなりに面倒だと書きました。


今回は結婚式用のウェディングムービーを作る際に、個人がJASRAC著作権使用料申請する方法をまとめてみます。よろしければ参考にしてください! 

スポンサーリンク  

 

結婚式のムービーに著作権使用料申請が必要なの?

市販楽曲(一般に販売されている音楽)を個人的な結婚式で使うのになんで著作権使用料が必要なの? 誰もが感じる疑問だと思います。ここでカンタンに著作権についてまとめておきましょう。

 

市販楽曲には、2つの権利が関わっています。

著作権絵画、音楽、詩などの著作物を創作した人に与えられる権利
著作隣接権著作物を伝える上で重要な役割を担っている実演家
       (歌手・アーティスト等)やレコード会社などに与えられる権利

 

そのため、CDやiTunesなどで購入した楽曲であっても、その音源をCD-DVD等に録音・録画する場合は、著作権著作隣接権の2つの権利について許諾を得る必要があります。

「それじゃ、iPodとか音楽プレイヤーで音楽聞けないじゃん!」と思いますが、個人で楽しむための利用であれば、「私的使用のための複製」著作権法第30条)として、権利者の許諾を得ずに利用することができます。しかし、多くの人(特定多数)に対して音楽が上映・演奏される結婚式は、私的使用の範囲を超えていると判断されています。そのため著作権使用料が発生してしまいます。

 

結婚式や披露宴で行われる次の3つの行為は、著作権著作隣接権についての手続きが必要です。

結婚式や披露宴で流すBGM用に
 お気に入りの楽曲を集めて一枚のCDに収録する。

プロフィールムービーなど、当日会場で上映する映像作品に音楽を利用する。

結婚式や披露宴を撮影した記録映像に、
 会場で使用したBGMなどの楽曲とともに
DVDに収録する。

 

結婚式は一生に一度の大切な日ですから、音楽の著作権についてもきちんと理解して正しく利用しましょう!

 

JASRAC著作権使用料申請してみよう!

では、実際にJASRAC著作権使用料申請の手続きをしましょう!手続きが必要なのは市販楽曲(一般にCD・iTunes等で販売されている音楽)です。申請から許諾まで1~2週間かかりますので、早めに手続きしましょう。

一般社団法人日本音楽著作権協会 JASRA

 

1.利用したい楽曲がJASRACに登録されているか確認する

JASRACのサイト内にある『J-WID(作品データベース)』で利用したい楽曲がJASRACに登録されているか確認しましょう。

 

2.J-RAPP(オンラインライセンス窓口)に登録する

この登録は会員登録のようなものです。『J-RAPP利用申込書』を印刷、必要事項を記入して、郵送・FAXで提出します。すると、登録から約3日後に封書が郵送で届きます。封書にはJ-RAPPのIDとパスワードが記載されていますので、そのID・パスワードを使って申請手続きを進めていきます。 

書類の郵送等を挟むため、ここで3~5日かかります。なお、このIDとパスワードはずっと使えますので一度登録していれば、次の3の手順から進めていくことできます。

 

3.J-RAPPから利用申請をする

やっと楽曲の利用申請に進めます!ムービーのBGMで利用する楽曲の楽曲名や楽曲コード(J-WIDで確認できます)、利用目的などを入力して申請します。

 

4.許諾番号を受け取る

申請から2~3日後に指定したメールアドレスに「映像許諾申請完了のご案内」というメールが届きます。メール内に記載されている許諾番号は、きちんと許諾を得ている証になります。

また、ムービーデータをDVDディスクに記録する場合は、ディスクラベルにJASRACマークと許諾番号を印刷しておきましょう。

 

5.著作権料を支払う

申請から2~3ヶ月後に「請求書」と「管理著作物使用料請求明細書」が郵送で届きます。同封の請求書で使用料を支払います。 

申請から許諾の手続きは以上です!1~5の手順で3ヶ月ほどかかります…使用料の支払いは結婚式の後になってしまっても大丈夫でした。結婚式までに許諾番号を取得までは済ませるようにしてくださいね。

スポンサーリンク  

 

使用料っていくらなの?

一番気になるのは「いくらかかるの?」ということですよね?私も初めてのときはとてもドキドキしました。使用料は使用する楽曲、長さ(秒数)などによって異なります。

ここからは私の実体験をお伝えしたいと思います。

 
驚いた!外国作品の使用料!

友人の結婚式でスピーチを依頼された私はスピーチに自信がなかったこともあり、得意のムービーでサプライズを行うことにしました! 

作成前に式場に必要事項を確認したところ「BGMの著作権等の申請は製作者様の方で行ってください」と言われました。まぁ、私は新郎新婦じゃないので著作権申請を式場がしてくれることはないよな、と思い、自分でJASRACに申請をすることにしました。

選んだ楽曲はQ;indivi Starring Rin Oikawaの『Under the sea』ディズニー映画『リトルマーメイド』のUnder the seaのカバーです。Q;indiviのカバー曲はゼクシーのCMでもお馴染みですね。

しかし、ここに大きな落とし穴がありました!外国作品の楽曲(もしくはそのカバー曲)は著作権が外国にあるため、日本のJASRAC規定の使用料は適用されず、その曲ごと(著作権がある国ごとと理解していただいていいと思います)に使用料が異なるのです。外国作品の使用料は、その曲の販売元に電話で確認しなければなりません…そこで販売元のレコード会社に電話して聞いてみました。すると、担当の方から衝撃的な答えが…

「そちらの楽曲の使用料は5万円になります」

えぇーーー!!!3分程度の楽曲の使用料が5万円って…まぁ、ディズニーは権利関係に厳しいのは知ってたけど5万円はないわ… ということで諦めました。

 


J-POPなど邦楽の使用料は?

代わりに選んだのが、同じくQ;indivi Starring Rin Oikawaの『愛の挨拶』こちらはクラシックの『愛の挨拶』のカバー曲です。この『愛の挨拶』は元の楽曲の著作権は切れているものです。というのも、音楽の著作権は50年までで、それ以降は著作権が無効になるのです。よって、通常のJ-POP楽曲と同じように著作権申請ができました!

今回は『愛の挨拶』を1曲全部を使いました。使用する長さは3分40秒ほどで、使用料は1,101円でした!

外国作品など、特別な楽曲じゃなければ、使用料は1曲1,000~2,000円程度と考えていいと思います。ちなみに1曲ごとに使用料がかかります。3曲使用するなら3曲分の使用料がかかりますので 気を付けてくださいね。


いかがでしたか?申請手続きはちょっと面倒ですが、個人でも著作権使用料申請はできます!結婚式場での申請ができない場合や個人での申請が必要な場合は、こちらを参考にして正しく利用してくださいね。

 

☆いつもありがとうございます!クリックで応援いただけると嬉しいです☆
follow us in feedly    にほんブログ村 子育てブログへ

スポンサーリンク
 

アクセスカウンター