ママ・パパの笑顔が一番好き

指導歴18年の学習塾講師が37歳で高齢出産☆笑顔溢れる家庭こそ最高の教育環境という信念のもと「笑顔の子育て」を実践中!

ToySub!(トイサブ)の第6号おもちゃ!でも、2歳でToySub!卒業をします…私がToySub!を解約しようと考えた3つの理由

娘が7ヶ月のときに、いろいろ比較検討した上でサブスクリプション・レンタルサービス『ToySub!(トイサブ)』でおもちゃのレンタルを始めることにしました。 

 

始めた当時は「サブスクリプション」という言葉もあまりよく分かっていませんでしたが、あれから1年半が経ち、今ではサブスクリプションサービスが新しいビジネスモデルとして定着していますね。

さて、だいぶ前にToySub!(トイサブ)の第6号のおもちゃが届いていました!

 

《今回届いたおもちゃ》
□ TOMY Toomies Shake & Sort Cupcakes
□ Fisherprice Laugh and learn
□ くもん くろくま君の10までかぞえてバス
□ BorneLund ファーストシェイプパズル
□ Hape ファンタジアブロックトレイン

 

f:id:yuimama0203:20190713192149j:plain


1歳9ヶ月の今回のテーマは…

『1~10まで数えてみよう!繰り返し遊びを通して数に親しみます』です!

おもちゃと一緒に届いたプランシートによると…
1,2,3…親御様の声かけとともに遊ぶことで、数を数えることが自然とインプットされていきます。言葉にはすぐに出なくても必ず蓄積されるので、まずは声かけを大切にしてください。
…ということです。

 

スポンサーリンク  

 


さて、娘は楽しく遊んでいるのですが…これでToySub!(トイサブ)を卒業しようと思います!そう思った理由はいくつかあります…

 

娘が好きなものの傾向が固まってきた

子どもなら全員好きなアンパンマン、そして親の影響でディズニーキャラクターにどっぷりハマってきた娘。キャラクターのぬいぐるみを離さなくなったり、キャラクターが付いているおもちゃの方に興味が強くなってきています。

ToySub!(トイサブ)のおもちゃは木製のおもちゃも多く、知育玩具としてもとても考えられたものばかりです。どんなおもちゃに興味を持つかわからない0~1歳の間はとても役立っていました。おもちゃに飽きた頃に新しいおもちゃが届くというシステムもとてもよかったです。

しかし、2歳になった娘は好きなものの傾向も固まってきたので、これからは娘の好きなおもちゃを用意してあげたいなと思っています。

 

長く遊べるおもちゃへシフトしたい

どんどん成長していく0~1歳児の成長段階に合わせておもちゃを用意するのはなかなか大変です。買ってあげても、すぐに使わなくなってしまうおもちゃも出てきてしまいます。ToySub!(トイサブ)のように使いたいときだけ使って、遊ばなくなったら返すというレンタル形式は、この頃の子どもにはまさにぴったりのサービスだと思います。

しかし、娘が2歳になった今の私の考えは「もう少し長いスパンで遊べるおもちゃがほしいな」というように変わってきています。LEGOブロックのようなものやあいうえお・数字を覚えるような類のおもちゃも揃えたいなと考えています。

ToySub!(トイサブ)は定額制なので、頻繁におもちゃを借り替えた方がお得なしくみになっています。同じおもちゃを長い期間借りるのであれば買った方が安い。おもちゃに対するお金のかけ方を変えてもいい時期と判断しました。

 

コレクションできるおもちゃも買いたい

レンタル形式のメリットのひとつに「おもちゃが手元に残らない」ことがあります。必要な時期に必要なおもちゃをレンタルして、時期が過ぎたら返すというとても便利なシステムです。

一方で、アンパンマンやディズニーにはたくさんのキャラクターがいるので、たくさんのキャラクターを集めたいという気持ちになってきてしまいます。特に、ディズニー大好きの我が家としては、コレクション大好きなので、手元に残るおもちゃも買っていきたいなと思います。

また、「このおもちゃ、小さいときから大好きだったね」と思い出に残るようなおもちゃに出会えたらいいなぁと思います。

 

約1年半の契約期間で、ToySub!(トイサブ)にかけた金額は約50,000円。後半は1回のレンタル期間が長くなってしまったので、レンタル回数は6回に留まりましたが、これだけお金をかけてもよかったなと思っています。特に乳児期のおもちゃは使用期間も短いですし、娘の成長に合ったおもちゃを用意することができたことは本当にありがたかったです。

どういうおもちゃを我が子に与えたいか、それはママ・パパそれぞれ考えがあると思います。お子さんの月齢・年齢によって、その考えも変わってくると思います。私も実際にそうです。ぜひ、みなさんもお子さんの様子を見ながら、こうしたサービスも利用して楽しくおうち遊びを楽しんでください。

 

☆いつもありがとうございます!クリックで応援いただけると嬉しいです☆
follow us in feedly    にほんブログ村 子育てブログへ

スポンサーリンク

   
アクセスカウンター